ハスキーを飼い始めた方の問題解決に繋がるブログを書いています(^^)

シベリアンハスキーの値段を知りたい方へ【2匹飼いが徹底解説】

こんにちは、シベリアンケイです。

我が家ではシベリアンハスキーを2匹飼っています。

シベリアンハスキー多頭飼い

犬と猫を累計10匹以上飼ってきた僕の妻が、シベリアンハスキーの飼い方・しつけ・マーキング、またオスとメスどちらの方が飼いやすいかといった内容について話しています。

よかったら動画も見てみてください(^^)

本日のテーマはシベリアンハスキーの値段についてです。

最初に結論を述べます。

1匹目のハスキー♀アンジーが約38万円、
2匹目のハスキー♂ブラッドが約15万円でした。
月々かかる費用は2匹で大体3万〜3万5千円くらいです。
なので1匹だとざっくりこれの半分くらいです。
ただ、飼い主の方針によってかなり変わると思います。

一旦、これで結論は終了です。

値段の内訳や価格差の理由、毎月かかる費用の内訳を知りたい方は下へと読み進めていただければと思います。

よろしくお願いします(^^)

我が家の愛犬、2019年3月5日産まれのハスキー♀、アンジーと、

シベリアンハスキーシベリアンハスキー

2019年7月5日産まれのハスキー♂、ブラッドです。

シベリアンハスキー4ヶ月シベリアンハスキーパピー

子供たちもアンジーとブラッドが大好きです。

シベリアンハスキーパピーシベリアンハスキー子犬

ちなみに、後1匹、チワックス♀も飼っています。ラヴといいます。

ラヴはもうじきに7歳です。年長者です。

チワックス

基本、何かを訴えてきます。笑

夜になるとソファーに妻+犬たちが集合していたりします。

大型犬多頭飼い

妻よ、あなたは犬使いか。

さて、本日は、シベリアンハスキーの値段について書いてみたいと思います。

将来、大型犬、シベリアンハスキーを飼いたいと思っている人がどの程度いるかはわかりませんが、犬は昔も今も未来も愛され続けるペットだと思います。

DMやコメントでも、ちょこちょこ『将来は大型犬を飼いたいと思っているんです』『ケイさんの投稿を見てハスキー飼いたいくなった』というようなお声をいただきます。

そのような方も含めて、正直どんくらい費用かかんの?って気になりますよね。

綺麗事だけで大型犬は飼えませんので…。

そんな僕が費用面のリアルを書きます。ご興味のある方の参考になれば幸いです。

1匹目のハスキー♀は38万円でした

生体価格だけでは買えない

結論ですが、ハスキー♀アンジーは生体価格が268,000円で、飼い出し費用が379,382円でした。

え?生体価格から+10万円もかかるの?って感じですよね。

はい、かかるっぽいです。

これを見てください。生体価格268,000円、お見積金額(消費税込)379,382円となっています。

シベリアンハスキー値段

ただし、これは店によって違いがあるかもしれません。そこまで細かなことは僕にもちょっとわかりません。

ただ、生体価格だけでは買えないことは確かのようです。

イメージ的に車と同じで、車も購入時、車体価格だけでは買えないですよね。
大体車体価格+諸費用が20万〜30万円といったところでしょうか。

これで『乗り出し価格』といったりします。

犬も同様です。

乗り出し価格ならぬ飼い出し価格です。僕が今作った言葉です。

生後何ヶ月かで値段は大きく変わる

多分、アンジーは気持ち高い方?です。

2019年3月7日産まれで、5月18日に我が家に来たので、大体生後2ヶ月10日のタイミングです。

こんな感じでした。

シベリアンハスキーパピーシベリアンハスキーパピー

控えめに言っても可愛すぎです。

多分、この生後2ヶ月頃のタイミングが値段のピークです。

なので、アンジーは比較的高いと思われるタイミングで買ったということになります。

残酷ながら犬は生後2ヶ月がピーク

なぜこのタイミングが高いかと言うと大体察しが付くと思いますが、この時が一番可愛い=売り物としてのピークなんです。

人間も犬も他のペットもピークが存在します。

人間の場合、生物的価値で見ると犬同様若い方が価値がありますが、別の側面である社会的価値であれば年を重ねてからでも生み出す=価値を高めることができます。

しかし、残念ながら売り物としての犬は自分で『人間界における社会的価値』を自ら見出すことはできません。

つまり、これはピークを過ぎれば価格が下がっていくことを意味します。

では次に我が家2匹目のシベリアンハスキー♂、ブラッドは何円だったのかを述べます。

2匹目のハスキー♂は15万円でした

1匹目と23万円差、理由は生後日数

結論ですが、ハスキー♂ブラッドは生体価格が約100,000円で、飼い出し価格が150,000円でした。

飼い出し価格だけで見るとアンジーと約23万円差です。

見てください、この写真を。左がブラッド、右がアンジー。

シベリアンハスキー多頭飼い

何が違いますか?

違いを見つけることが難しいです。

ただ、市場価格は違います。違っていました。

理由は生後日数です。

ブラッドは2019年7月5日産まれで、11月7日に我が家に来ました。

生後4ヶ月後です。

アンジーは生後2ヶ月10日、ブラッドは生後4ヶ月、凄く乱暴に言うのであれば、この違いが値段の差ということです。

2匹目のハスキー♂ブラッドとの出会い

珍しくホームセンターで売られるハスキー

ブラッドの存在は、ブラッドが生後2ヶ月の時から知っていました。
(当時はブラッドという名前は存在していませんが)

なぜなら、近くのホームセンターに売っていたからです。

そもそも、ホームセンターにシベリアンハスキーが売られていることは非常に珍しいです。

今まで何度も行っているホームセンターでハスキーを見るのは初めてでした。

その時の記憶ではうろ覚えですが、確か生体価格29万円でした。これはアンジーと同じくらいの価格です。

『おぉ〜、アンジーとそっくりなハスキーが売られとんなぁ、かわえぇなぁ』と思った記憶があります。

売れ残るハスキー

そこから1ヶ月後、ホームセンターに買い物に行くとこのハスキーはまだ売られています。

生後3ヶ月といったところでしょうか、生体価格は20万円くらいに下がっていたと思います。

そこから更に1ヶ月後、ホームセンターに買い物に行くとこのハスキーはまだ売られています=売れ残っています。

この時で生後約4ヶ月なので、身体は結構大きくなっていました。

妻がこのハスキーを見て、僕の横で『アンジーはこの時もうドッグランに行っていっぱい遊んでたなぁ』と、隣で呟いていたのを覚えています。

そして来る11月7日、この日は妻の誕生日、早目に帰宅した僕に待っていた一言は、ハスキー買ったからでした。

その時のことはこのインスタ投稿の文章を読んでほしいです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

この度、ハスキー2匹目を迎え入れました😊 4ヶ月のオス、名前はブラットと名付けました😆 ぱちぱちぱち〜 っておい、全くぱちぱちじゃない😱笑 11月7日は妻の誕生日、 早目に帰った僕に待っていた一言は『ハスキー買ったから』 は?は?は? うーん何言ってるかよくわからん🤔 まぁ冗談だよね? 妻、『ハスキー買ったから』 えっと、今日ってエイプリルフールだっけ🤔? 妻、『ハスキー迎えに行ってくるわ』 お、おう?夢かな? 数時間後、4ヶ月のハスキーオスが家にいました🤣笑 うーむ、結婚というものを言葉で表現するなら、『起こり得ないことが割と日常で起こること』だな🤔笑 という訳で、息子2人に犬3匹の所帯となってしまいました🤣 僕は現実逃避という技を習得しました‼️ 皆さんこれからよろしくお願いします‼️ 明日は美原ドッグランにハスキーオフ会に行ってきます😊 初ハスキーオフ会‼️ お会いする方よろしくお願いします😊 人生は、ノリと勢いと体験です。 #シベリアンハスキー #シベリアンハスキー赤ちゃん #シベリアンハスキー仔犬 #シベリアンハスキー子犬 #シベリアンハスキー大好き #シベリアンハスキーパピー #シベリアンハスキー4ヶ月 #ハスキー #ハスキー子犬 #ハスキーのいる生活 #ハスキー仔犬 #ハスキーパピー #ハスキー多頭飼い #ハスキーライフ #ハスキーオフ会 #siberianhusky #siberianhuskyworld #siberianhuskylife #siberianhuskylovers #siberianhuskyofinstagram #siberianhuskypuppy #huskylife #huskylove #huskyworld #海とのふれあい広場 #海とのふれあい広場ドッグラン

黒田圭一🐺ハスキーとジープらいふ(@kei_husky.jeep.life)がシェアした投稿 –


妻は我慢ならず、この売れ残った生後4ヶ月、生体価格10万円まで下がったハスキーの親になることを決め、僕に許可なく買ってしまいました。

いや、気持ちはわかる。

わかるけどもな、勝手にハスキー買うって我が妻よ、どんだけぶっ飛んでるねん。

と僕は思いました。

あんまり笑えないけど、笑います!

結論、どのタイミングで飼うのがいいのか?

生後2〜3ヶ月が重要期間

生後2〜3ヶ月の期間が色んなことを覚えたり、社会性を身に付けたり、しつけをしっかりする大切な期間です。

なので、そういう意味では早いタイミングで迎え入れた方がいいでしょう。

ただ、ブラッドは生後4ヶ月で我が家に来て、もうすぐで家に来てから1ヶ月が経ちますが、超利口です。

2〜3ヶ月の期間はペットショップにいた訳ですが、今も特に問題行動を起こすことなく過ごしています。

おしっことうんちは最初の1週間くらいミスっていましたが、

今はもうミスらなくなりました。

なぜかよく洗面所に侵入しておしっことうんちをしていました。笑

なので、そういう意味では、別に生後4ヶ月だから問題があるということではないです。

大切なことは飼い主の意識や考え方

これは僕の考えですが、最も重要なことは、犬が生後何ヶ月で家に来るか、ということではなく、迎え入れる飼い主の意識や考え方だと思います。

そして、その意識、考え方からくる態度、立ち振舞が非常に重要になると考えます。

なぜなら、犬は飼い主がどのような気(エネルギー)を発しているかを敏感に感じ取り、それに応じて態度や行動を変える生き物だからです。

なので、飼い主が、『私にはコントロールできないんじゃないか』『噛まれるんじゃないか』という弱気な気(エネルギー)でいると、いくら口で『待て』『NO』と言っても無意味となります。

犬は、飼い主が何を言っているかよりも、どのような感情で言っているかを敏感にキャッチします。

ですので、犬が生後何ヶ月で家に来るか、ということが問題なのではなく、迎え入れる飼い主の意識や考え方、気、感情が適切に整っているか?ということが最重要になると僕は考えます。

そういう意味では我が妻は凄いです。

手を犬に噛みちぎられてもいいと思って接しているとのこと。

おい、お主はプロのドッグトレーナーか。

ドッグトレーナー

犬と暮らす方はこの本がオススメ

僕は1匹目のハスキー♀アンジーが来た時、これを読みました。

ザ・カリスマ ドッグトレーナー シーザー・ミランの 犬と幸せに暮らす方法55

シーザー・ミランについては賛否両論あるようですが、個人的にはとてもオススメです。

中・大型犬を飼っている方、これから飼おうと思っている方は是非読んでみてください。

上記で述べた意識や気(エネルギー)についてはこの本を全ての参考にしています。

そしてシーザー・ミランがしつけにおいて最も大事だと言っているものはこれです。

しつけの手順は、

1に運動2に運動、3に運動4に運動、5にしつけ、
そして1から5までを愛情で包み込む

であるべきだと。

まずは運動をしっかりと与えること、疲れさせること、その状態でしつけをすること、と書かれています。

適切な運動が何よりも重要です。

▼参考記事
シベリアンハスキーを飼うのは大変なのか?2匹飼いの僕が喋る

シベリアンハスキーのしつけは難しい?コツは?2匹飼いの僕が答える

シベリアンハスキーの散歩時間

ざっくり1日2時間くらいです。

我が家では妻が毎日ドッグランに連れて行き遊ばせています。

家から片道20キロくらいはかかりますが…。笑

ここに行っています。堺浜にある海とのふれあい広場ドッグラン。

海とのふれあい広場ドッグラン

駐車場も無料です。オススメです。

次にハスキーに月々かかるランニングコストについて述べます。

▼参考記事
シベリアンハスキーを自転車で散歩することは可能か?2匹飼いの僕が喋る

散歩で他の犬に吠えない対策とは?【結論:犬主導の散歩をやめるべき】

月々かかる費用は3万〜3万5千円くらい

2匹で大体月々3万〜3万5千円くらいです。

細かな内容を見ていきます。

首輪やハーネス、リード(必要に応じて)

最初に諸々買わないといけません。

うちが買ったのはざっくりこんなところでしょうか。

首輪やハーネス、リード関係です。

買ってよかったものをご紹介します。

▼引っ張り防止に
PetSafe イージーウォークハーネス

ハスキーは非常に引っ張る力が強いです。

僕の場合2匹というのもありますが、引っ張り防止のハーネスじゃないと散歩中かなり引っ張られて疲れます。

2匹ともイージーウォークハーネスに変えてからかなり楽になりました。

オススメです。

▼引っ張り防止用の訓練首輪
beanspet 犬 ハーフチョーク 2層革 首輪 犬首輪 革

この首輪も要所要所で使い、引っ張り防止を少しずつトレーニングしていました。

引っ張ると、くっと首が絞まるやつです。

賛否両論あるみたいですが、使い方だと思います。

首が永遠に絞まり続けている状態で何分も散歩するのは論外ですが、歩く、引っ張られる、首輪でリーダー(飼い主)から司令を送る、止まる、歩く・・・といったトレーニングは飼い犬である以上必要だと思います。

そもそも、首輪の目的というものを考えてみると、犬の脱走防止ではなく、「リーダーからの司令を効果的に犬に伝える」ものだと我が家は考えています。

そう考えた時、効果的に犬に伝える手段として、上記のような首輪も併用して使うといいと思います。

▼おしゃれリード
beanspet 犬 リード チェーン おしゃれ トレーニング 革

上記首輪とセットのやつです。

質感が良く結構気に入っています。

▼ロングリード
3色展開 (ロングリード 30m レッド )丸ロープ 軽量 中型犬 大型犬用

くさっぱらや大きな広場で自由に遊ばせたい時に結構重宝します。

ハスキーノーリードはどっかいっちゃいますかね。笑

▼ミドルリード
Easy-Tang 犬 犬リード ロングリード 多機能リード 訓練リード

留め方次第で短くできたり長くできたり、使い勝手の良いシンプルシードです。

▼名前入り首輪
刺繍なので文字も消えない安心の迷子札、水濡れOK、レジャーや雨でも大活躍!名前入り首輪名前入り首輪

これは結構可愛いです。

首輪に名前と電話番号を入れられる首輪ですね。

以上で諸々2万円くらいです。

他にもホームセンターとかで色々買ったと思いますが、忘れました。現実逃避。

ワクチン代(最初だけ)

生後2ヶ月のタイミングで飼うと、合計3回のワクチンが終わっていないので、自分で病院に行く必要があります。

そのワクチンが大体1回10,000円弱くらいだったかと思います。

逆に生後4ヶ月にもなっていればペットショップでワクチンが既に打たれています。

生後4ヶ月の場合、飼い出し価格からそのワクチン代が引かれるので、その分費用も割安になります。

それがアンジー38万円、ブラッド15万円の違いを生む理由でもあります。

とにかく、早く飼えばその分お金がかかります。

しかし、飼えるのであれば早い時期に迎え入れた方がいいと思います。

それは上記でも述べた通りです。

フィラリア代(暑い時期)

5月〜11月くらいの暑い時期だけ、寄生虫の感染を防ぐためのフェラリア予防薬が毎月必要です。

確かこれが1匹3,000円/月くらいだったような。

餌(毎月)

うちはヒルズをメインとしつつ、ブッチとスーパーに売っている鶏肉を混ぜてあげています。

▼メインドッグフード
ヒルズ サイエンス・ダイエット ドッグフード

今はハスキーが2匹なので、これを2つ買っています。

▼サブドッグフード
抜群の食いつきを誇るButch(ブッチ)
新規バナー

ブッチシベリアンハスキーシベリアンハスキー

ブッチは多分高めのドッグフードに分類されると思いますが、メインと混ぜてあげたり、週末だけあげたりするといいと思います。

我が家も毎日あげているわけではないです。

犬たちの食いつきは抜群ですね。

ブッチをあげている犬友達の方も結構多いです。

トライアルセットがあるので、それを一度試してみるといいかなと思います。

あと、スーパーで鶏肉を買っているので、これが5,000円/月くらい?

合計、ざっくり15,000円〜20,000円/月くらいです、多分。

トイレ用シーツ(毎月)

こんな感じのシーツを、大と小で併用しています。

▼トイレシーツ
山善 1回使い捨て 薄型ペットシーツ スーパーワイド 200枚入

質より量!笑

ざっくりシーツは6,000円〜8,000円/月くらいです。

ただ、ここは犬たちの体調によって変わります。

お腹を壊している状態が長く続くとシーツの消費量がかなり増えます。

うんち袋

僕的なファインプレーはこれです。

驚異の防臭袋 BOS (ボス) うんちが臭わない袋

普通の袋とこの袋では臭いの漏れ方が全く違います。

くっさい臭いが漏れるのは僕にとって苦痛だったので…うんち専用袋で助かっています。

何気必須アイテムです。

ガソリン代

算出するのが難しいですが、仮に頻繁にドッグランに行ったりする場合、ガソリン代が少なからずかかります。

ここは各家庭によってかなり変動すると思います。

その他

犬用おやつやペット保険、避妊去勢手術も飼い主の方針で必要になります。

ただ、この部分に関してはあまりにも人それぞれ方針が違うため、ここでは一旦省いています。

もちろん、老犬になった時の医療費や避妊去勢手術に関しても避けて通れる道ではありません。

遅かれ早かれ考えなければいけないですし、お金がかかります。

月々かかる費用まとめ

最初にかかるもの。
・ワクチン(飼い出すタイミングによる)
・首輪やハーネス、リード等必須物

毎月かかるもの。
・フェラリア(暑い時期)
・餌
・シーツ
・うんち袋
・その他(ガソリン代等)

これで毎月3万〜3万5千円くらいです。

後は飼い主のこだわりによって大きく変動すると思います。

我が家は2匹でこれなので、1匹の場合は大体これの半分くらいになります。

再度費用面をまとめておきます

1匹目のハスキー♀アンジーが約38万円、
2匹目のハスキー♂ブラッドが約15万円でした。
月々かかる費用は2匹で大体3万〜3万5千円くらいです。
なので1匹だとざっくりこれの半分くらいです。
ただ、飼い主の方針によってかなり変わると思います。

あと、トリミング(犬の美容室)には行っていません。

ハスキーはブラッシングは必須ですが、特にトリミングは必要ないようです。

チワックスのラヴは2〜3ヶ月に一度はしっかり行っています。笑

チワックス

ちなみにラヴのトリミング代は4,000円弱です。地味に高い。笑

最後に

正直、この内容は若干センシティブでもあると思うので、書くかどうか悩みました。

ただ、犬を飼いたいと思う人がいる以上、綺麗事抜きにリアルを知る必要がありますし、飼う前にある程度シュミレーションをすることも必要だと思い、シベリアンハスキーの値段、月々かかる費用について書かせていただきました。

全て僕の実体験に基づいて書いていますので、多少間違っている部分はあるかもしれませんが、割と事実です。

正直、大型犬、シベリアンハスキーを飼うのはお金がかかります。

小型犬を飼うのとは訳が違います。

お金だけでなく、時間、労力、さまざまなものがかかります。

ただ、それらを差し置いても、言葉では言い表せないくらいの彩りを我々の人生に注いでくれます。

家族、自分、妻、子供達が共通して愛を注ぐ対象が家にいる、これ程愛に満ち溢れることはありません。

それくらい我々人間の人生に彩りと、かけがいのない幸福を与えてくれる、それが愛犬だと僕は思います。

将来、犬を飼いたいと思っている、大型犬を飼いたいと思っている、シベリアンハスキーを飼いたいと思っている方にとって、このブログが少しでもお役に立てば幸いです。

ここまで読んでいただき本当にありがとうございました。

犬と猫を累計10匹以上飼ってきた僕の妻が、シベリアンハスキーの飼い方・しつけ・マーキング、またオスとメスどちらの方が飼いやすいかといった内容について話しています。

参考になりましたらチャンネル登録よろしくお願いします(^^)

ハスキーについてのあれこれは下記にて回答しています。

よかったら参考にしてください!

シベリアンハスキー多頭飼い
Twitterでも情報発信しています(^^)